時には人生について考えてみるのもいいかもしれない。
人はいつかは死にます。
どれだけの延命措置をしようと、どれだけ神に祈ろうと、それだけは変えようがない人間世界、いえ、全ての生きるものにとっての真理です。
言い換えれば、平等など絶対にあり得ない社会においても、死だけは誰にでも平等に訪れるのです。
かつて秦の始皇帝をはじめ、世界の多くの権力者が自分だけはこの死の運命から逃れようと不死の薬を探したり、死なない人間を作るために人体実験をしたりしました。
それでも、いまだに死ななかった人はいません。
ひょっとすると将来、限りなく不死に近いほど長い寿命を人類は手に入れるのかもしれません。
しかし、それは「長寿」であって「不死」ではありません。
人は誰でも死ぬことは恐ろしいと感じます。それが普通の感覚だと思います。
しかし、人はいつかは死ぬからこそ、人生の無情を詠った文学作品がかくも素晴らしく輝くのではないでしょうか。
1日1日を全力で生きることだけが、生ある人間にできる唯一の神に対する抵抗なのかもしれません。キレイモ 効果