地層について受講しました。古臭い地層は、細くしゅう曲した固い岩石だ。京都市深草は、約170〜10000歳前の地層だ。宮城県内唐桑半島は、2億歳以上前の地層だ。くずれる岩石は、日光の熱や水などの働きで、岩石は一般からくずれていきます。くずれて流されて行く石は、流されていく間に丸くなり、小さくなります。川の水で運ばれてきた堆積物は、陸から沖へ向かって、れき・砂・泥の順に堆積決める。堆積一品が厚くなると、下の階層は萎縮されて固められ、堆積岩になります。海面が下がると粒のちっちゃい堆積一品の上に粒のでかい堆積一品ができます。海面が上がると粒のおっきい堆積一品の上に粒の狭い堆積一品ができます。次は、堆積岩についてだ。風化ものは、服地に生じる岩石が水や植物や温度の脱皮によるパワーなどの働きで、徐々に細くなったものが堆積してできました。堆積物はれき、砂、シルト、粘土だ。堆積岩名称はれきは、れき岩、尖端れき岩で砂は砂岩、硬砂岩でシルトはシルト岩、泥岩で粘土は泥岩、けつ岩、粘板岩だ。岩の冠などについて知れて良かったです。http://www.aeesp2011.com/