あたしは、婚礼をしてから常々愛妻弁当を作り続けている。前もって、1それぞれ生計の時も食費減額のためにお弁当は作っていたので、1それぞれ分け前が両方分け前になっただけの結果、そこまでのストレスにはなっていません。

飲みで遅い太陽の明日や午前が手っ取り早い太陽、状態が優れないチャンスなどもサボらずお弁当作成だけはやっています。周囲からも恋人からも、見込めるチャンスだけやれば良いと言われます。

でも、あたしはそれを閉めたくないのです。とにかくだらけると、おおかたそれはテンポし続けてしまう。

そして、あたしが愛妻弁当を作ってあげたい最大の理由は、はじめてお弁当を持たせたチャンス、美味しかったと恋人からメールアドレスが来たからだ。今まで、女からもお弁当を持たされたことがなかった恋人にとって、手作りのお弁当というのははたして美味しい産物だったようなのです。

あたしは、恋人の喜ぶ顔つきが見たいということもあって、お弁当作成を頑張っています。冷凍食材には頼らず、全額自家製を始めるというのも私の執念だ。ミュゼ うなじ